シミを消したいと思ったときに試してみたい薬3種

シミを消したいと思ったとき、効果が期待できる薬を3種類紹介します。シミが気になったとき、美容皮膚科に行かずとも、一般の皮膚科でも相談に乗ってくれます。もちろん悩みに対応した薬も処方してくれて、かつ保険もききます。シミに関しての悩みの場合、多く処方されるのはハイチオール錠です。一般名L-システイン錠剤とも言い、にきびや肌荒れの緩和などにつながる薬です。また肌のターンオーバーを助けてくれるのでシミを消したい場合においても効果が期待できます。またビタミンCもよく処方されます。ビタミンCは一般名、アスコルビン酸やパテント酸カルシウムとも言われ、代謝障害時などによく処方されます。皮膚色素沈着に対しても効果が期待できるとされています。そして3つ目はユベラ錠です。一般名トコフェロール酢酸エステル上とも言われ、ビタミンEのことになります。ビタミンEは基本、抹消循環障害などに対して処方されますが、ビタミンEを摂取することにより、血行など体の循環が良くなり、皮膚が明るくなります。それに加え皮膚のターンオーバーも促進されるためシミ対策にとても効果が期待できます。美容皮膚科などではなく、一般の皮膚科に行っても保険のきかないドクターズコスメなどが並んでいますので、皮膚科医に相談しながら悩みを相談するのもひとつです。しかし錠剤などもせっかく保険がきくわけですから、自分の症状をしっかり伝え、保険のきく薬などを処方してもらったほうがコスト的にもやすくなり、また継続しやすくなります。
シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!はこちら